Skip to main content.
> 東洋シールロゴ

シールを注文するのはどうすれば良いの?

一度もシールやラベルを注文したことがない場合何をどうすればいいのかわからなくてちゅうちょしてしまいますよね。 この記事を書いているわたしもコンピューターのハードウェアやソフトウェアが専門なので最初はわからないことが多くて会社のみんなにいろいろと聞いていました。 いろんなページを見てもそのあたりが書いていないのでまとめてみようと思います。

  1. 原稿はありますか
    原稿がまだない場合、用途やシール・ラベルに使うロゴや写真、イラストを用意してデザイナーさんに作成をお願いします。 弊社でも相談に応じますので遠慮なくご相談ください。
    原稿を作成済みや印刷した原稿がある場合はこの項目はクリアしていますのでOKです。
  2. 原稿の作成ソフトはイラストレータですか
    デザイナーさんに依頼されたりご自分でイラストレータで作成された場合はそのままで版下(印刷用の版を作る原稿)になりますのでこの項目もクリアしています。
    それ以外の場合は弊社で版下を作成します。 原稿の種別によってかかる費用が異なります。 
    ※ご自分で用意されたイラストレータの原稿の場合フォントは必ずアウトライン化しておいてください。 同じフォントを必ず持っているわけではないのでよろしくお願いします。
    ※また、原稿に使われているイラストや写真は商用に使用することを許諾されているものをご用意ください。 ホームページ等での使用は問題がなくても印刷物に使用できないものも存在します。
  3. 用途はおきまりですか
    用途や使用場所によって印刷する用紙の種類が異なります。 冷凍庫に入れるもの、はがれると困るもの、水に濡れるものなど用途や使用個所などもお知らせください。 

上記のことと、枚数・サイズをお知らせいただければより正確なお見積もりが可能です。
また、ご自分で用意された原稿の場合印刷色について以下のことも配慮をお願いします。 通常のシール・ラベルの印刷では4色以内の配色の場合それぞれ使われている色のインクを使って印刷を行います。 このとき正確な色を再現するため色見本でそれぞれの色を指定します。(日本ではDICまたはTOYOが使われます) 版数が多くなれば費用も掛かります。
それ以上の色数や写真を使用の場合色分解を行って4色の版を作成します。 画面上はRGB(赤・緑・青)で色を表すことが多いのですが、印刷ではCMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・黒)の4色になります。 RGBは加色法でCMYKは減色法ですのでRGBに比べて表現できる色の幅に制限があります。 また、写真用といわれているインクジェットプリンターも7色・8色など多くの色を使っているものが多いので、フルカラーの場合色味が異なる場合があります。 色は画面ではなくプリンターで印刷されたものを見本として渡していただくとより正確な原稿になります。