Skip to main content.
> 東洋シールロゴ

加飾技術展2024(2024.02.16)

<加飾技術展2024>

日時:2024年2月16日(金)

場所:大阪産業創造館

MOTOYA コラボレーションフェア2024(2024.02.01~02.02)

大阪勧業展2023(2023.10.18~19)

<大阪勧業展2023>

大阪勧業展に出展いたします。

よろしくお願いいたします。

アーテック総合展示会(2023.09.15~16)

販促物活用フェスタ2023(2023.09.13)

SDGs対応技術展2023(2023.09.08)

パッケージ展2022(2022.08.05)

<パッケージ展2022>

日時:2022年8月5日

場所:大阪産業創造館

ビジネスマッチングフェア2022(2022.06.07~06.08)

<ビジネスマッチングフェア2022>

https://www.miceworl...

日時:2022年6月7日(火)・8日(水)

場所:マイドームおおさか3階展示場(入場無料)

多種多様なシールを小ロットで!

☆☆☆ オンデマンドでのサンプル作成が無料 ☆☆☆

創業60年を超える老舗のシール・ラベル製造会社です。
大ロットはもちろん、小ロットにも対応できる設備を有しております。
シール以外、紙製品の対応も可能です。
オンデマンドで製作できるサンプルは、案件の成否に関わらず無料で対応させて頂いておりますので、お気軽にご相談ください。

HP : http://www.toyo-sea...

メール  お問い合わせメール sales@mail.toyo-seal.co.jp

 

紙加工技術展2022(2022.04.21~22)

開催日時

第1回2022年4月21日(木)

第2回2022年4月22日(金)

開催場所:大阪産業創造館3F・4F(受付4F)※完全事前申込制

抗菌性、耐久性、美粧性・・・
これらの機能を持った素材や、製品、付加価値を与える加工技術が大集合!

環境問題の観点から、幅広い業界で注目される「紙」
生分解性にすぐれた素材を梱包用資材やパッケージに活用したり、
プラスチックと同程度の高い耐久性がある紙素材を日用品や衣料品に取り入れる企業が増えています。
このような幅広いニーズに応える 
特色ある紙素材、加工技術、ユニークな製品が大集合!
「紙素材を使った製品を開発したい」
「自社製品に付加できる加工技術を探している」
という方は、ぜひお越しください。

 

*紙の魅力と可能性、まだまだあります。

紙素材・シール粘着物のお問い合わせお待ちしています。

⇒ sales@mail.toyo-seal.co.jp

 

表面処理加工技術展(2022.03.10)

<表面処理加工技術展>

開催日:2021年3月10日

場 所:大阪産業創造館

咲くやこの花館(2022.01.13)

<咲くやこの花館>

「POPきのこ展」開催中

「こけ展」開催中

切り絵作家 下村優介氏の切り絵ステッカー・

ペン型アルコールスプレーをオンラインショップで販売中です。

ペン型スプレーのデザインは10種類!

ミュージアムショップでは、手に取ってご覧頂けます。

https://infosakuya.s...

https://infosakuya.s...

販促物活用フェスタ2021(2021.11.17)

【販促物活用フェスタ2021】
POP・装飾、ノベルティ、チラシなど五感にひびく販促を

開始日時:2021年11月17日

開催場所:大阪産業創造館

 

衛生・感染症対策技術展2021(2021.10.20)

【衛生・感染症対策技術展2021】

日時:2021年10月20日

場所:産業創造館

SDGs対応技術展(2021.09.16~17)

<SDGs対応技術展>

2021年9月16日13:30~17:00

2021年9月17日10:00~16:00

場所:大阪産業創造館

 

表面処理加工技術展2021(2021.03.11)

<表面処理加工技術展>

場所:大阪産業創造館3F

時間:10:30~17:00

*事前申し込み制

https://www.sansokan...

 

 従来、厚みが厚い素材への加工で採用されていた抗ウイルスコーティングの技術に着目し、それを薄い素材にも転用することに成功し、PET#25とOPP#40で加工した抗ウイルスフィルムを開発しました。これは業界で最薄レベルである。(当社調べ)さらに粘着加工のノウハウを活かし、PET#25にはラミネート用の糊加工を施して、抗ウイルスラミネートを開発し、業界に先駆けて2020年9月から発売開始しています。

今回採用した抗ウイルスコーティングは、外部機関によるISO21702の試験でも高い結果を出している。(抗ウイルス活性値4以上、抗菌活性値3以上) また帯摩性にも優れており、アルコールで1000回以上擦っても品質に影響がないことも確認できている。最近では、鉄道の車両でも使えるようになる「鉄道車両用材料燃焼性試験」にも合格し、認定を受けています。

これら一連の品質が評価されて、「大阪市新事業分野開拓事業者認定事業」の認定を受ける事が出来ました。今後はOEMでも対応する為に、持ち込み素材に対しても抗ウイルスコーティングができる環境を整えています。テーブルテストで行い、自社で素材を持っている企業からの相談が増えており、現在も製品化に向けて、各企業との共同開発が進んでいます。

 *抗ウイルス加工のご相談お待ちしております。